No.117
Ukraine

ウクライナ

 
KIMONO制作者

太田 正伸Masanobu Ota

二羽の仲睦まじいコウノトリ、この国を代表するひまわりの花の中にはイースターエッグの装飾の文様を忍ばせ、この国を発見したと言われるキエフ大公の彫像と麦のシルエットによってウクライナの自然と歴史を描き上げている。袖や衿にはウクライナの民族衣装からデザインを取り入れることで異国情緒を感じ取ることができ、ウクライナ国旗の黄色とブルーのコントラストが作品全体に力強い印象を与えている。描き友禅ならではの優しさ、細かいボカシによる色彩のニュアンスに加賀友禅らしい繊細さも感じることができます。

OBI制作者

西陣まいづるNishijin Maizuru

ウクライナの工芸品の代表であり、後世のイースターエッグの原型であるプィーサンカを、西陣織の手織の技法を用い丹念に織りあげた作品。シルバー地に霞をほどこした地組織の上に、緯糸として金糸や様々な色を用い立体的に織りあげられており、複雑な文様をスッキリと見せる配色が絶妙である。

Twitter Facebook instagram