No.103
United Mexican States

メキシコ合衆国

 
KIMONO制作者

冨久 洋(監修 井桁の会)Hiroshi Tokuhisa (supervised by Igeta no Kai)

長い歴史を誇り多くの部族が共生するメキシコの「カラフル」な文化に注目しアステカのカレンダーの文様を日本の有職文様に見立て背縫いを中心にシンメトリーに配置した。上下左右共に対称ではないことからこのデザインを織ることには複雑で精緻な計算と膨大なデータを必要としたが見事に成功している。また、裾の部分にはオトミ族の刺繍からデザインを発送し、5色に及ぶ刷り込みを糸に施し、糸の準備に莫大な時間をかけて織り上げた。威厳と多様性あるメキシコの文化を表した、これまでの久留米絣を一新する作品である。

OBI制作者

盛 かおるKaoru Sei

メキシコの伝統的な織物である「サラペ」のモチーフにしてカラフルでビビットな縞模様でデザインを構成した。作者の作品の特徴である両端部分は平織、中心部分は二重組織という特徴をいかし、中心の部分には日本の伝統文様である矢絣の地紋を織り込み、日本とメキシコの友好の気持ちを込めた作品となっている。

Twitter Facebook instagram