「ハイチ共和国」の着物が出来上がりました。

「ハイチ共和国」

着物 東京友禅 桑原牧子(まきこ)

ハイチの着物は、カラフルな色彩の街並みと、
日本とハイチを繋ぐバナナペーパープロジェクトから連想したバナナの葉を、
片身代わりに大きく取り分けてデザインした。

街並みを走るバス「タブタブ」、「ハイチコーヒー」、
世界遺産の「シタデルラフェリエール」、木彫りやドラム缶アートなど、
街の中の喧騒と、木々の中にある静寂の対比を
「陰と陽」という感性で表現している。

ハイチアートに多く見られるグリーンの色彩を
一枚の絵に溢れるように取り入れ、
「団結は力なり」という国旗に記された言葉を
バスの中に描く作者の遊び心を
作品に潜ませている。

人々の拠り所とされるブードゥー教の儀式に使用する「ヴェヴェ」の図形を
象徴的に変化させながら森の精霊のように描き、
「マラカス」「コンガ」などの楽器も文化のシンボルとして描いた。

帯は現在製作中です。

%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%811

%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%813

%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%812

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です